CHECK

遺品整理を滞りなくスムーズに済ませるために知っておきたい基本知識やコツを徹底解説

大切な両親、子供など家族が亡くなってしまうと人生で最大の悲しみが襲い、何も手がつかないほどになってしまいます。
しかしいつまでも悲しみに暮れていることはできず、前に進み生き抜かなければなりません。
そこで四十九日を過ぎたら遺品整理のタイミングといえます。
当サイトではどのように遺品の整理をすべきかスムーズに整理するためのコツや基本情報を紹介します。
遺品の整理は心を整理し区切りをつけることでもあるので、後悔のないようにしたいものです。

遺品整理を滞りなくスムーズに済ませるために知っておきたい基本知識やコツを徹底解説

遺品整理をスムーズに行うためには、財産分与にまつわる預貯金の通帳、株式の証書、土地の登記簿に宝石類など金品を先に把握しどこか大切に保管しておくことが基本です。
そのあとで、不要な衣類や写真、日用品などを整理していくと効率的です。
基本知識として遺品整理は、肉体的にも精神的にも負荷がかかりやすく、金品以外の整理や処分は業者に依頼するのが賢明で非常にスムーズに遂行できます。
遺品整理業者であると、衣類やブランド品など買取サービスもあって現金化でき、非常に便利です。

遺品整理後に後悔しないための片づけ術

遺品を整理するという事は遺族にとって重要な作業でもありますが、中には全て業者に依頼したり他の遺族にお願いしてしまい結果として後悔したという経験を持つ人も多くいます。
遺品整理をするのであれば後悔がないように、ポイントを押さえた片づけ術を行う事でより納得して整理する事が可能です。
実際に遺品整理をする上でのポイントですが、遺品を相続するかどうかや他の遺族としっかり話し合いをするという点です。
片付け自体は協力しながら皆で行う事が出来ますが、都度確認が必要な物やアイテムなどが出てくれば保管して後で確認する事が大切です。
相続するかどうかや誰が相続するのかも含めて、勝手に判断せずに話し合う事がポイントとなります。
片付けする際は確認が必要な物を1箇所にまとめて追う事で、後で一気に確認作業が行えます。
1つ1つ都度確認していても手間がかかるので、整理する中で1箇所にまとめておくと後で一度に確認作業が行う事ができ効率よく作業がすすめられます。

遺品整理をスムーズに行うためのコツとは?

遺品整理とは生活を共にしていない単身世帯の人が死亡し、本来であれば近親者が故人の遺品を片付ける作業をしなければいけませんが、いろいろな事情があってできない場合に対象者に代わって整理をすることを言います。
これは親族であっても離れた場所で生活していることで交流がなく、故人に対する対処が迅速に行えないことが理由になっていて、単身世帯が拡大傾向にある現在では専門業者への依頼も多くなっていると言ってもいいでしょう。
ここで問題になるのは遺品整理は勝手に廃棄してはいけない物品も多く、スムーズに行えないということです。
遺品整理は不動産や預貯金などの資産の場合は相続税を確定しなければいけないので対応を急ぎますが、そこまで価値の無い動産については法的には期日の制限はありません。
ただし、故人が居住していた場所が賃貸物件といった場合には早急に片付けなければいけないため、その整理を少しでも早くする必要があります。
この作業を早くするコツは最初に価値のある物品と廃棄しても問題のないものを分類し、いらない物品は迅速に廃棄することです。
人間の価値観は多様性があるので判断が難しいのは仕方がありませんが、スムーズに進めるためには一定の価値基準を決め、後は代表者の意見を尊重して進めるといいでしょう。

遺品整理の際に残すものの見極め方

遺品整理の際に残すものの見極め方ですが、これは3つくらいに分けて考えることができます。
一つは現金とか貴金属類など、価値のあるものです。
これは例えば骨董品とか美術品と言われるものも含みますし、一般にコレクションと呼ばれるようなものは何でも、少なくとも特定の人には価値があることが多いですから、安易に捨ててしまわないようにしましょう。
遺品整理で残す次の分類は、相続の際のトラブルを防ぐためのものです。
これは一番目と重複する観点もありますが、例えば土地の権利書とか古い預金通帳や印鑑などが該当します。
権利書などは捨てる人はいないと思いますが、古い通帳はそれ自体には確かに価値はありません。
ですが金銭の動きが分かることで相続に影響することもあり、これも安易に捨てるべきではないわけです。
最後の分類は要するに思い出の品物ということができます。
写真はその代表的なものになるでしょうし、他にも多種多様なものが考えられます。

遺品整理をすると相続放棄ができなくなる恐れがある?

遺品整理をすると相続放棄ができなくなる恐れがありますので、この点は十分に注意が必要です。
要するに遺品整理をすることで相続を承認したとみなされる可能性があり、後からやっぱり放棄しますというのは認められないことがあるわけです。
これは逆の立場で考えてみると理解しやすいかもしれません。
相続放棄は故人の債務が資産を上回る場合に選択されることが一般的ですが、仮に遺品を整理していてダイヤのネックレスが出てきたとしましょう。
これは形見の品としてもらっておこうと考えた場合に、そのようにしていながら放棄しますというのは債権者の立場からすると受け入れがたい話であるのは明白です。
放棄するのなら、そのネックレスはあなたのものではなく多少なりとも債務の返済に充ててもらわないと困るということになります。
これは分かりやすい例ですが、どんな品物に価値があるのかは容易に判別しがたいことも十分ありますので、安直に遺品整理をすると後で自分自身を縛ることになるかもしれません。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理で知っておきたい基本知識やコツ

大切な両親、子供など家族が亡くなってしまうと人生で最大の悲しみが襲い、何も手がつかないほどになってしまいます。しかしいつまでも悲しみに暮れていることはできず、前に進み生き抜かなければなりません。そこで四十九日を過ぎたら遺品整理のタイミングといえます。当サイトではどのように遺品の整理をすべきかスムーズに整理するためのコツや基本情報を紹介します。遺品の整理は心を整理し区切りをつけることでもあるので、後悔のないようにしたいものです。

Search